痩せ菌を増やすには腸に生きて届くビフィズス菌

痩せ菌を増やすには腸に生きて届くビフィズス菌

同じ食事をしているのに、すぐに体型に変化があらわれる人とまったく変わらない人がいます。また体重や体型のコントロールには、食事のバランスだけでなく運動も不可欠ですが、消費カロリーが多いはずなのに太ってしまうことがあります。体重のコントロールは食事の内容や量、運動だけでなく腸内環境も大きく左右されます。

 

腸には善玉菌・悪玉菌・日和見菌がありますが、太る痩せるに関わりがあるのは、善玉菌の中にある痩せ菌と悪玉菌の中にあるデブ菌のバランスです。腸内の痩せ菌が充実していれば脂肪が蓄積されにくいので、少しぐらい食べすぎても太りにくい体質になります。腸内細菌のバランスは食生活によって大きく変化するので、太りやすい体質もダイエットの効果が出やすい体質に変えることは可能です。

 

やせ菌は善玉菌の中に常在しているビフィズス菌を指しますが、食事を工夫をすれば増やすことが出来ます。ビフィズス菌を活性化させるには、水溶性食物繊維や乳酸菌を積極的に取り入れることが有効です。ヨーグルトや発酵食品に多く含まれているので、毎日の食事に加えると腸内細菌のバランスを整える効果があります。

 

ただ腸内のビフィズス菌自身が弱っている場合には、餌となる乳酸菌や水溶性食物繊維を摂取しても痩せ菌が増えにくいので、食事やサプリメントから元気のいいビフィズス菌そのものを摂取するとよいでしょう。たとえばビフィズス菌が腸まで生きて届く機能性ヨークグルトや胃酸に強いカプセルタイプのサプリメントを利用するという方法があります。デブ菌が多い状態は、肥満だけでなく生活習慣病などのリスクも高めるので、痩せくくなったと感じたら早めに痩せ菌を増やす方法を取り入れることが大切です。