痩せ菌を増やすには乳酸菌を摂取すればよい

痩せ菌を増やすには乳酸菌を摂取すればよい

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類がありますが、3つの菌のバランスが崩れていると便秘、血行不良、新陳代謝の劣化など様々な健康不調が現れます。肥満も健康不調のひとつで、ダイエットをしているのに思う通りの効果が得られないのは、腸内環境が原因の可能性があります。

 

善玉菌や日和見菌の中にあるビフィズス菌とバクテロイーデスは痩せ菌とも呼ばれていて、食事制限をしているのに体重が落ちないのは腸内の痩せ菌が少ないのが理由のひとつです。余分な脂肪を蓄積させないようにするには痩せ菌増やすことが必要です。

 

腸の中に痩せ菌を増やすには、善玉菌が好む乳酸菌を摂取することです。ヨーグルトや発酵食品に多く含まれているで、毎日食事に加えれば、しずつ環境を良くする効果が得られます。乳酸菌は生きたまま腸に届くことで痩せ菌が増えやすくなりますが、酸や熱に弱いという特徴があり、生きたまま届いても腸内で働ける日数はわずか2日程度です。腸内の環境を変えて減少している痩せ菌が増やすには、食べ方を工夫したりある程度の期間が必要です。

 

発酵食品には納豆、みそ、キムチなどがあり食事の献立に毎日加えるのが推奨されます。甘酒も優秀な発酵食品なので、積極的に取り入れるとよいでしょう。乳酸菌の塊ようなヨーグルトは食後に食べれば、胃酸の影響を最小限に抑えることが出来ます。また乳酸菌には多くの種類があって、体質によって効果を得やすい菌の種類が異なります。またずっと同じ種類をとり続けるのも痩せ菌を増やす効果を半減させます。種類の異なる乳酸菌が含まれているヨーグルトをローテーションで食べるとよいでしょう。またオリゴ糖は善玉菌が最も好む餌です。腸内細菌のバランスの改善を早めるにはオリゴ糖も併せて食べるのが効果的です。