痩せ菌はオリゴ糖が大好き

痩せ菌はオリゴ糖が大好き

痩せやすい体質にするには腸内に痩せ菌を増やすことです。痩せ菌は善玉菌と日和見菌に含まれる菌のひとつで、腸内の悪玉菌が優勢になると減少します。悪玉菌を増やさないためには善玉菌を活性化させることが必要です。痩せ菌が腸内に多く存在していると、大腸に送られた老廃物からカロリー分が吸収されにくく肥満になる確率は低減します。

 

便として送られてしまえば排泄するのみと思われていますが、悪玉菌が増えて便秘になると、腸に滞留している間も不必要なカロリーが吸収されます。痩せ菌が増えれば新陳代謝を上がるので、体脂肪の蓄積量を減らすことが出来ます。

 

痩せ菌は善玉菌と日和見菌の中に常在する菌のひとつなので、まずは善玉菌を増やすことが必要です。善玉菌には数種類の乳酸菌やビフィズス菌が存在しますが、減少を防ぐには食物繊維やオリゴ糖を積極的に摂取することが有効です。オリゴ糖は胃酸に負けることなく、大腸まで届いて痩せ菌の役割をするビフィズス菌の餌となります。ヨーグルトや青汁などの甘味料として使えますし、熱を加えても分子構造は変わらないので、みそ汁やシチューの隠し味、煮物の糖分として利用出来ます。水溶性食物繊維併せて摂取すれば腸内の善玉菌を優位に出来ます。

 

ただオリゴ糖100%という製品は比較的高価です。スーパーなどで手軽に購入出来る製品は、砂糖や加減麦芽糖が配合されています。しかもオリゴ糖という名称でありながら、配合されている分量は数パーセントという製品もあるので注意が必要です。また還元麦芽糖が多く配合されている場合には、一過性ですが大量に使用すればお腹が緩くなります。オリゴ糖は痩せ菌を増やすだけでなく善玉菌を増やすにも効果があるので、用法や容量を守って気長に利用するとよいでしょう。