痩せ菌の効果的な増やし方

痩せ菌の効果的な増やし方

腸内に痩せ菌が不足すると、運動で汗を流しても食事の量を減らしても思うようなダイエット効果が得られません。痩せ菌の効果的な増やし方は、痩せ菌が好む食材を積極的に取り入れることです。

 

食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、便通を良くするには2種類をバランスよく摂取することが必要です。痩せ菌の増やし方においては水溶性植物繊維が必要です。太りにくい体質にするには、痩せ菌のビフィズス菌が水溶性食物繊維を発酵分解した時に作られる短鎖脂肪酸が必要です。短鎖脂肪酸はエネルギーに変換されるのが早く、体内に余分な脂質として蓄積されにくいという特徴があります。また食欲を促すホルモンの分必も抑制するので、ダイエット効果も得やすくなります。食物繊維は主に野菜に含まれていますが、水溶性食物繊維を集中して摂取するには納豆、おくら、海藻類などネバネバ成分が豊富な食材が効果的です。

 

健康的な生活を維持する方法のひとつに、腸内の環境の整備があります。腸の中には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つの菌が常在していて、善玉菌や悪玉菌は複数の菌で構成されています。例えば健康を考えた食事をしているのに太ってきた、糖分や脂質を控えた食事をして運動もしているのに痩せないという場合は、善玉菌や日和見菌に含まれている痩せ菌が不足している可能性があります。

 

痩せ菌とは善玉菌のビフィズス菌と日和見菌のバクテロイデス菌のことで、短鎖脂肪酸を増やす働きを持っています。短鎖脂肪酸はエネルギーになるまでの時間が短く、体脂肪として蓄積しにくいため痩せ菌を増やせば太りにくくなります。痩せ菌の増やし方を知って入れば、ダイエットをしても体重が思うように落ちないという不安を払拭出来ます。痩せ菌の効率的な増やし方には水溶性食物繊維が有効だとしても、不溶性の食物繊維やその他の栄養素も摂取することが大切です。