整腸剤で痩せ菌は増える?

整腸剤で痩せ菌は増える?

理論上では、食事から摂取したカロリーよりも消費カロリーのほうが多ければ体重が増えることはありません。腸内の環境によっては消費カロリーの方が多いにも関わらず、体重が増えない・減らない時には、ほとんどの場合原因は痩せ菌の不足が考えられます。

 

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つの常在菌がいます。腸内環境が正常な場合は善玉菌が優勢になっていますが、仮に悪玉菌が増えすぎていると、便秘・腹部膨満をはじめとして複数の体調不良の原因になります。体内の脂肪の蓄積を予防して理想的な体型を維持するには痩せ菌を増やす必要があります。

 

本来なら食事から善玉菌が好む餌を摂取するのが有効ですが、整腸剤を利用すると簡単です。整腸剤には様々な種類の乳酸菌が配合されているので、食事からだけでは十分に摂取出来なくても補うことが出来ます。

 

整腸剤はクリストは違います。製品によって差はありますが、5歳児ぐらいから高齢者まで年齢の制限なく飲めるのが多いです。効能は食欲不振、腹部膨満、消化不良など胃で腸を正常に働かせる効果のある成分が配合されています。植物由来の成分がほとんどなので特殊なアレルギーがなれば副作用の心配はありません。なにより食物繊維を簡単に摂取出来ることが大きいです。

 

痩せ菌が少ない人がダイエットをする場合、炭水化物の摂取量を減らすとある程度の効果が出やすいですが、食物繊維は意外と炭水化物に多く含まれています。炭水化物の摂取量を減らすと便秘のリスクが高くなるので、腸内環境を悪化させる可能性もあります。整腸剤を利用すれば炭水化物を減らしつつも腸内環境を良くする効果が得られ痩せ菌を効率く増やせます。