善玉菌を増やせば痩せ菌も増える?

善玉菌を増やせば痩せ菌も増える?

ダイエットの基本は食事と運動療法の組み合わせで、バランスの良い食事をとりつつ運動でカロリーの消費を多くすることです。基本を守ってダイエットしているのに目標値になかなか到達しない場合には、痩せ菌が不足している可能性があります。

 

腸内には善玉・悪玉・日和見と3種類の菌がありますが、痩せ菌は善玉菌に属しているビフィズス菌と日和見菌として存在するバクテロイデス菌を指します。日和見菌は腸内の環境によって善玉菌に味方をしたり悪玉菌に味方をしたりするので、ビフィズス菌を増やして善玉菌を優勢にすることで痩せ菌として活躍してくれます。

 

腸内細菌は大きくは3種類ですが、菌の種類は300種類以上あって種類や割合には個人差があります。痩せ菌は善玉菌に属している菌と考えると分かりやすいです。

 

痩せ菌が腸内で優勢になるには、善玉菌に属するビフィズス菌を増やすことが必要です。ビフィズス菌が含まれているヨーグルトを食べるのはひとつの方法ですが、確実に腸に届く前に胃酸で死滅する確率が高いです。腸内にいるビフィズス菌を活性化する方法を実践するとよいでしょう。

 

ビフィズス菌は水溶性食物繊維やオリゴ糖を好みむので、食事に積極的に加えれば活性化されて善玉菌を優勢に出来ます。善玉菌が優勢になれば、日和見菌のバクテロイデス菌が善玉菌として働くようになるので痩せ菌を増やせます。腸の中で善玉菌が優勢になれば、血液中の中性脂肪やコレステロールが正常化れされやすくなりますし痩せ菌も増えます。

 

痩せ菌はエネルギーとして消費されやすい短鎖脂肪酸を生成する働きがあり、内臓に脂肪が蓄積するのを予防する効果があります。腸の中で善玉菌が優勢になるように心がければ痩せ菌も増えやすい環境が整います。