酢玉ねぎで痩せ菌を増やせる

酢玉ねぎで痩せ菌を増やせる

痩せ菌とは、腸内に存在する菌の中のビフィズス菌とバクテロイーデスのことで、善玉菌や日和見菌の一部が相当します。痩せ菌には脂肪蓄積を予防・排泄する働きがあります。たくさん食べても太りにくい体質にするには、ビフィズス菌とバクテロイーデスを増やして、腸内環境を整えることが大切です。

 

また腸内にはデブ菌も存在していて、日和見菌の中のファーミキューテスが相当します。デブ菌は痩せている人の腸内にも存在していますが、痩せ菌とデブ菌の比率によって、太りすい、痩せやすいといった体質に違いが生じます。痩せ菌6に対してデブ菌4の割合が理想的で、痩せ体型の人は痩せ菌7に対してデブ菌3の割合が多いと言われています。

 

腸内環境を整える効果のある食材のひとつに酢玉ねぎがあります。玉ねぎは健康効果の高い野菜のひとつで、辛み成分には血糖値の急激な上昇を抑制する働きがあります。また玉ねぎを食べて血液がサラサラになる効果は、辛み成分は空気に触れて作られるトリスルヒィドという成分の働きです。

 

他にも疲労回復や活性酸素を除去するなどの効果もあります。お酢は疲労回復効果が有名ですが、糖の吸収を抑えたり脂肪が体内に蓄積されにくくする働きもあります。酢玉ねぎにすれば、血糖値や血圧を正常値に維持しやすくなるだけでなく、体重のコントロールもしやすくなります。痩せ菌を腸内の善玉菌を増やすことが必要ですが、玉ねぎには善玉菌が餌として好むオリゴ糖を含んでいます。酢玉ねぎを作る時に甘味成分にオリゴ糖を使えば、さらに効果がアップするので痩せ菌が作られやすくなります。日和見菌は腸内の環境によって善玉か悪玉に変わるので、酢玉ねぎで善玉菌の割合を増やすことが出来ます。悪玉菌はオリゴ糖を好まないため増える心配はありません。