らっきょうで痩せ菌が増える理由

らっきょうで痩せ菌が増える理由

甘らっきょうは、ニンニクや玉ねぎのように地下茎が実になった野菜です。特徴のひとつは、強い抗菌作用を持つ塩化アリルが主成分として含まれていることです。塩化アリルはビタミンB1の吸収をよくするので、新陳代謝や血液の循環を良くする効果があります。例えば生理痛や心臓病の予防に有効です。

 

また炭水化物の吸収や腸内の悪玉菌の増殖を抑制するため、腸内環境を正常に維持にも適した食材のひとつです。またらっきょうには水溶性食物繊維のフルクタンが含まれていて、痩せ菌のビフィズス菌を活性化するので、ダイエットサポート食品として利用出来ます。約9割が食物繊維なので空腹時に食べると胃に負担がかかります。1度に大量に食べるタイプの野菜ではないので、サラダやカレーのトッピングとして1日に5粒程度食べるのが適しています。

 

らっきょうの原産は中国ですが、国内では鹿児島や鳥取などで多く栽培されています。生のものは5月から7月にかけてスーパーなどに並びますが、塩漬けや甘酢漬けなら1年を通して購入出来ます。痩せ菌を増やす目的で食べる場合、生を利用するなら真っ白で傷がなく、小粒で丸みのあるものが美味しいです。新鮮なものは生でも食べられますが、てんぷらや炒め物などいろいろな料理に利用出来ます。

 

らっきょうで痩せ菌を増やすには通年を通して食べるのが効果的です。必ずしも生で食べなくてよいので、入手出来るものを利用するとよいでしょう。また生が入手出来た時には、オリゴ糖を使って甘酢漬けにしておけば、オリゴ糖とらっきょうの水溶性食物繊維の効果で痩せ菌が増えやすくなります。甘酢漬けを食べる場合には、つけ汁も捨てずにサラダのドレッシングなどに利用すると、らっきょうの栄養分を余さず摂取出来ます。