痩せ菌を増やすサプリの口コミランキング@腸内フローラがカギ!

痩せ菌 サプリ

痩せ菌という言葉を聞いたことがありませんか?ホント?と思いますが、腸内には痩せ菌とデブ菌とよばれる菌が存在するのです。痩せ菌は、ビフィズス菌バクテロイデスといった善玉菌や日和見菌のこと。この菌が多く腸内に存在している人は、脂肪の吸収をブロックするので、食べても太りにくい体質になります。

 

実は誰のお腹にも存在しているのですが、その数に個人差があります。痩せ菌を増やすには、水溶性食物繊維で腸内を整え、ビフィズス菌や乳酸菌をオリゴ糖などと共に摂ることが大切。そこでサプリの登場!手軽に、乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維を一緒に摂れるのでおすすめです。当サイトでは、痩せ菌サプリを口コミ人気でランキング。ぜひチェックしてみてください。

 

ウイルキラーダイエットの特徴

痩せ菌のB-3菌(ビフィズス菌)が脂肪を消費しやすくしてくれるサプリです。B-3菌のほか植物性乳酸菌など5種、オリゴ糖、食物繊維、酵母を一緒に摂ることができます。3カ月の継続で痩せ菌のB-3菌(ビフィズス菌)が定着。便通がよくなった、ニオイがない、吹き出物が減った、食べ過ぎても現状維持という口コミあり。1日めやすスプーン1杯。パウダーなので、溶かしたり混ぜたりと使いやすくなっています。便利な定期購入は、初回限定77%OFFの980円(税込)。粒が苦手な人にもおすすめです。1袋に5兆個の乳酸菌!

価格 980円
評価 評価5
備考 B-3菌・植物性乳酸菌5種・オリゴ糖・食物繊維・酵母

 

プレミアムスリムビオの特徴

痩せ菌のB-3菌(ビフィズス菌)が手軽に摂れるサプリです。B-3菌のほかスマート乳酸菌など7種、オリゴ糖や食物繊維などが一緒に摂れます。菌を増やすエサ、不要なものを出す食物繊維でスッキリをサポート。お通じがよくなった、ポッコリがマシ、お肌がきれいに、続けやすいという声アリ。1日めやす1〜3粒。便利な定期購入は、初回限定75%OFFの980円(税込)。3カ月程度の継続で効果を感じる方が多いようです。1袋に1兆個の乳酸菌!

価格 1,980円
評価 評価4
備考 B-3菌・スマート乳酸菌7種・オリゴ糖・食物繊維

 

スマート菌活の特徴

スマート乳酸菌が手軽に摂れるサプリです。内臓脂肪を減少させるスマート乳酸菌のほかビフィズス菌など3種、オリゴ糖や食物繊維、酵母・酵素が一緒に摂れます。腸内細菌のバランスを整え、痩せ菌を有利にしてくれます。便通が定期的に、お腹周りが違う、体が軽くなったとの声がアリ。1日めやす2粒。初回限定の特別価格は50%OFFの1,500円(税別)。1日分に1,000億個の乳酸菌!

価格 900円
評価 評価3
備考 スマート乳酸菌・ビフィズス菌3種・オリゴ糖・食物繊維

 

痩せ菌とは一体なに?増えるとどんな効果がある?

 

同じ生活をしていても太りやすい人とそうでない人がいますよね。たくさん食べていても痩せている人は、体内に痩せ菌の保有率が一般的に多い事が分かっています。食べても太らない人がいて羨ましいと感じる人もいるでしょう。食べるとすぐに太ってしまう人にとって、痩せ菌が役立ちます。痩せ菌とは何かと言うと、増やせばそれだけ太りにくい体質に出来る可能性のある魔法のような菌です。

 

痩せ菌とは痩せ体質の人が多く持っている腸内細菌と言われています。痩せ菌が多ければ同じものを食べていても体脂肪をためこみにくいでしょう。

 

多くのダイエット法がありますが、痩せるためには腸内環境を整え、痩せ菌の力を借りると効果的です。痩せ菌をたくさん持っている人は、食事量が同じでも吸収されるカロリーが少なく、運動量が同じでも消費カロリーが多い事が分かっています。

 

痩せ菌を多く取り込む「痩せ菌ダイエット」というのがあります。きちんと食事しながら痩せられるのがいいところです。痩せた後の体型をキープするためにも痩せ菌を増やしてみるといいでしょう。痩せ菌を増やして太りにくい体質を手に入れていきましょう。

 

最近「痩せ菌」という言葉が出てきていますが、これは何のことだかご存知でしょうか?痩せ菌とはただしこのような事は本当にこれだけの事が太らせているのでしょうか?そもそも太る原因には他にも原因があるのですが、あながち体質のせいだけとも言い切れません。普段の生活習慣を見直す事によって解消出来る事もあるでしょう。

 

●こんな人は痩せ菌サプリを飲むといい
・何を食べても太ってしまう
・たくさん食べても太らない人がうらやましい
・普通に食事しているだけなのになぜか太ってしまう
・同じような食事をしているのに自分だけ太っている
・頑張って食事制限しているのに痩せない

 

確かに基礎代謝の低い人は太りやすいでしょう。睡眠不足であれば脂肪をためこみやすくなってしまいますし、太りやすくなってしまう事もあります。姿勢が悪くなるだけでも脂肪をためこみやすくなってしまいます。

 

痩せ菌を増やすならサプリが良い理由

 

痩せ菌を身体に取り込みたいのであれば「サプリメント」がいいと言われています。同じ生活をしていても痩せやすい人と痩せにくい人がいると言われていますが、痩せ菌を増やすならサプリメントを使ってみるといいでしょう。なぜなら痩せ菌サプリを利用すると次のようなメリットがあるからです。

 

●一日1〜2回の排便がある
腸内環境が整っていれば毎日必ず排便する事が出来ます。その目安は一日1〜2回です。慢性的に排便回数が数日に1回だけ一日に何度も下痢や軟便が出るといった場合には注意しましょう。便の量はバナナ一本分くらいです。

 

日本人の一日の健康的な排便量は125グラム〜180グラムです。これはバナナ一本分に相当する量ですが、食物繊維の多い食生活を送っている場合や前日にたくさん食べた場合は便の量が200g〜300g程度に増えてきます。もしも毎日排便があったとしても、極端に量が少ない場合は悪玉菌が増えている可能性があるでしょう。

 

●便の色が黄色っぽくなる
腸内環境が整っていれば、便の色は黄色になります。もしも便の色が茶色や黒くなっている場合には要注意です。脂肪のとりすぎや腸内に悪玉菌が増えている可能性も多いに考えられるでしょう。便の形はバナナ型が理想的ですが、バナナ型ではなくウサギのような小さな便や水のような下痢、軟便が続くような場合は胃腸の消化吸収が低下している場合があります。

 

●サプリメントを使うならコレ!おすすめはLAKUBI-ラクビ
痩せ菌ダイエットを気軽に始めたい、試したいという方にまずおすすめしたいのが「ラクビ」です。最近腸内フローラの研究では「短鎖脂肪酸」という腸内細菌が生み出す成分が、不要な栄養を体内にため込むのを止めてくれる事が分かってきています。ラクビはこのような短鎖脂肪酸を作り出す酪酸菌を1700万個配合しています。初回は990円から購入できるので、気軽に始めるにはぴったりでしょう。

 

サプリ以外の痩せ菌を増やす方法!

 

痩せ菌を増やす方法にはサプリメント以外もあります。それではどんな事をすればサプリ以外の痩せ菌が増やせるのでしょうか。

 

●ヨーグルトを食べる
ヨーグルトを寝る1時間前くらいに食べるといいでしょう。もしもダイエットを心がけている人でしたら、デブ菌を減らすためにも寝る1時間前くらいにヨーグルトを食べるようにするといいでしょう。ヨーグルト以外の食品でデブ菌を減らしたい場合には、納豆やぬか漬け、味噌などに代表される発酵食品がおすすめです。

 

●油っぽい食事を控える
痩せ菌を減らしてしまう細菌に「デブ菌」があります。食べたものの80%の栄養や水分を小腸で吸収されなかったものは、大腸をくぐって出されますが、体内に悪玉菌やデブ菌がいるとどうしても身体に溜め込んでしまいます。そのため普段必死でダイエットに取り組んでいるにも関わらず痩せないのは、腸内にデブ菌が潜んでいる事も原因の一つになります。デブ菌とは私たちの体に存在し、本来体外に排出しなければならないものの、出さずに溜め込んでしまう性質もあるのでダイエットする人たちにとっては天敵となるでしょう。デブ菌が身体のどこに存在しているかというと、「腸内」です。デブ菌は油っぽい食べ物を好んで増える傾向にあるので、油っぽい食事は控えるようにするといいでしょう

 

●抗生物質を控えること
痩せ菌を増やしたいのであれば抗生物質は控えましょう。抗生物質は強い病原菌に対して即効性の高い便利な薬ですが、強い病原菌を殺す力があるという事は自分の健康的な細胞までなくしてしまう事にもなるのですが、その中でも抗生物質は、大腸の腸内細菌をたくさん殺してしまい、多用すると善玉菌と悪玉菌のバランスも悪くなってしまいます。その結果、身体の免疫力低下や栄養障害、免疫異常など様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。善玉菌を減らしてしまう事になるので、使う時は自己判断するのではなくドクターの処方の指示に従うといいでしょう。

 

痩せ菌を増やす食べ物

 

私たちの腸内には多くの細菌が住んでいますが、腸内細菌の中にも肥満を防いで身体を痩せやすくしてくれる菌がいます。痩せ菌は体内に取り込まれる脂肪をしっかりガードしてくれる働きがあります。痩せ菌を増やすのに効果的な食べ物を食べる事によって、痩せ菌が増やせるでしょう。

 

●善玉菌を増やす
痩せ菌を増やすためにも「善玉菌」を増やしてくれるような食べ物を食べると効果的です。善玉菌を増やすためにも次のような方法があります。
・サプリメントを摂取する
・善玉菌を増やす食材を摂取する
・もともと腸内にいる善玉菌を増やす
・腸内環境をしっかり整える
・調理済み加工食品、抗生物質を控えるようにする

 

●善玉菌を増やしてくれるのは「発酵食品」
善玉菌の働きを助ける食材は「発酵食品を食べる」事です。発酵食品が健康に良いとされるのは、大腸にとって有利な乳酸菌類などの善玉菌を多く含んでいるからです。発酵食品の食材には次のような製品が挙げられます。
・ヨーグルト
・納豆
・チーズ
・メンマ
・キムチ
・漬物
・鰹節

 

これらは乳酸菌類をたくさん含んでいて、体内の善玉菌の働きをしっかりサポートしてくれます。

 

●サプリメントを飲む
善玉菌の働きを助けてくれるサプリメントを飲むのもいいでしょう。サプリメントは栄養補助食品なので薬ではありません。本来、自然界にある食材から栄養をとるのも理想的ですが、生活環境や仕事で時間がなければなかなか食べられない事もあるでしょう。そんな時はサプリメントを使うのもおすすめなのです。サプリメントは薬ではないので安全に食べられるはずです。

 

●サプリメントのメリットとは
サプリメントは短時間でしっかり栄養素を補えるでしょう。自然界の食材では到底とれないような栄養素もサプリメントであれば一気に摂ることが出来るのです。実際飲んでみると、ちゃんと効果が出てくるでしょう。

 

増えた痩せ菌を維持するには?生活習慣に注意!

 

増えた痩せ菌をキープするためにも生活習慣に気を配るようにしましょう。それには善玉菌を取り入れるのが一番です。善玉菌の一つには「ビフィズス菌」があります。

 

●どうしてビフィズス菌がいいのか
ビフィズス菌は食事から摂った栄養の消化吸収を助けて、免疫力を高めて病気を防いでくれます。ビフィズス菌は炭水化物から有機酸という物質を作ってくれるでしょう。有機酸が大腸内を酸性にする事によって、腸のぜん動運動は活発になっていきます。ぜん動運動とは腸が伸び縮みする事によって、腸の内容物が大腸〜肛門まで運ばれる仕組みです。ぜん動運動が活発になってくればお通じもスムーズになっていきます。また善玉菌であるビフィズス菌が腸内にたくさんあれば、悪玉菌の過剰な増殖を抑えてくれるでしょう。その結果有害物質の発生も防ぐ事ができ、腸内フローラをバランスよく保てるのです。

 

●善玉菌が減ってきている
悪玉菌にはウェルシュ菌や大腸菌があります。悪玉菌は腸内のたんぱく質や脂肪などを腐らせ有害物質を作ってしまいます。腸内重要な働きをしている善玉菌は年々減少してきてしまいます。また動物性たんぱく質の多い食事や野菜不足、ストレス、不規則な睡眠時間などでも腸内環境は悪化しやすくなってしまうでしょう。そこで腸内環境を健全な状態にキープするためにも、善玉菌をたくさん含んだ食品を積極的にとるといいでしょう。乳製品にアレルギーがなければ、ビフィズス菌や乳酸菌(にゅうさんきん)の入ったヨーグルトや乳酸菌飲料を毎日の習慣にしていきましょう。

 

ヨーグルトや発酵食品に含まれているビフィズス菌や乳酸菌は「プロバイオティクス」と呼ばれています。プロバイオティクスとは「生きたまま腸まで運ばれる善玉菌」の事で、腸内フローラのバランスを改善してくれます。さらに善玉菌優勢な腸を作るためにも、善玉菌の栄養源となる物質を積極的に摂ることが効果的です。

 

腸内の善玉菌の増加を助け、悪玉菌の増加を防ぐ成分は「プレバイオティクス」といっていて、代表的なものにはオリゴ糖と食物繊維があります。オリゴ糖をたくさん含んでいるのは、玉ねぎやバナナ、ニンニクや蜂蜜などです。ごぼうやバナナは食物繊維も豊富なので一石二鳥です。ビフィズス菌入りのヨーグルトにハチミツを加えれば、おいしくて腸にもいいおやつとなるでしょう。

 

更新履歴